Application Requirements

募集要項

あなたの成長が会社の成長になる。

ひとりひとりの能力や希望に合わせて、キャリアアップが目指せます。
福祉の仕事では、志向や資格、ライフサイクルなどによって様々な経験を積むことができます。
介護のプロとして、ご入居者と関わり続けることも、管理職になってさらに質の高い施設をつくる役割を果たすことも可能です。
将来性の高い環境で、「なりたい自分」を実現させるキャリアアッププログラムをご用意しています。

  • 入社
  • 入社
  • 入社

入職〜1年目

ポジション 介護職員初任者研修課程
主な仕事 日常生活の援助や排泄・食事の介助、付き添いなど、簡単な介護が仕事の中心です。
介護のプロとして自覚とご利用者との信頼関係がステップアップの課題です。

先輩からのコメント先輩の担当する仕事を見ながらサポートして徐々に個人でも仕事を任せられるようになります。最初はどんどん先輩に質問して、仕事のやり方やご利用者との接し方などを学びながら、自分らしく工夫してください。


Joining the company

入職2〜5年目

ポジション リーダー、副主任、主任
主な仕事 幅広い介護技術と経験を問われるので国家資格「介護福祉士」の取得を推奨しています。
現場の意欲を高めることや、ユニットリーダーなど管理的な仕事も任されます。

先輩からのコメントチームマネジメントに必要な知識・スキルを習得していきます。また介護福祉士の取得を目指し幅広い介護技術と知識を習得し、リーダーの責任ある業務に携わることが多くなりますので、積極的に行動してください。


Joined company 1st to 3rd year

入職5年目以上

ポジション 介護支援専門員、福施設長、施設長、エリアマネージャー
主な仕事 リーダーの育成管理、組織運営に関わる業務、人員管理などに関わります。
今後、適性や資格によって相談員やケアマネジャー管理職などの道が開けます。

先輩からのコメント先輩の担当する仕事を見ながらサポートして徐々に個人でも仕事を任せられるようになります。最初はどんどん先輩に質問して、仕事のやり方やご利用者との接し方などを学びながら、自分らしく工夫してください。


5 years or more after joining the company

介護技術認定制度

CARE MEISTER(ケアマイスター)

「ケアマイスター制度」とは、法人一丸となって介護知識・技術の高水準・均一化 をはかり、
介護のプロ集団をつくり上げていくために創設されたスキル認定制度で、スタッフの介護技術レベルがどの程度にあるか、5段階で認定するものです。
試験内容は介護福祉士、国家試験・介護支援専門員受験に準じており自動的に資格取得試験に向けての勉強ができるようになっています。
※「介護技術認定制度ケアマイスター」は一般社団法人 日本ケアマイスター協会の商標登録です。